健康の知識

脂質異常症の診断基準と予防のための食事


2007年4月から脂質異常症の診断基準が全面的に改定されました。従来は、総コレステロール値が、220mg/dl以上を脂質異常症としていましたが、それだけでは悪玉(LDL)と善玉(HDL)の値を正当に診断することが出来ない点が問題となっていました。


たとえば善玉(HDL)コレステロールが多いことによって、総コレステロール値が高くなり、脂質異常症と診断される可能性も多くありました。病気ではないのに、脂質異常症の診断がされることに疑問を抱く人達も多くいました。


そういった診断結果にならないようにするために、新しい診断基準が設けられました。具体的には、血中の総コレステロール値が220mg/dl以上の高コレステロール血症、血中のLDLコレステロール(悪玉)が140mg/dl以上の高LDLコレステロール血症、血中のHDLコレステロール(善玉)が40mg/dl未満の低HDLコレステロール血症、血中のトリグリセライドが150mg/dl以上の高トリグリセライド血症(中性脂肪)の4つの種類に分類されるようになりました。


高コレステロール血症の場合には、現在は総コレステロール値よりもLDLコレステロール(悪玉)の方が動脈硬化などを引き起こす可能性が高いため、この値に重きを置いていません。


高LDLコレステロール血症の場合には、動物性脂質や、コレステロールの多い食品を食べすぎないようにすることや、運動不足、ストレスなどを避けた生活を送るようにすると、改善されていくことが多くなっています。低HDLコレステロール血症や高トリグリセライド血症の場合も、食生活を正しくすることや、喫煙、運動不足等に気をつけることなどで、改善されていきます。


新しい診断基準で、脂質異常症と診断された場合には、医師の指導のもとで、毎日の生活習慣を気をつけることが大切なこととなります。医師と相談をし、自分の脂質異常症を治す効果のある方法で、毎日の生活をしていくことが大切です。


予防のための食事


脂質は人間にとってはなくてはならないものですが、血液中に含まれている量が多くなってしまうと、余計な病気を引き起こしてしまったりする事にもつながります。


血中に含まれている脂質はコレステロールや中性脂肪になりますが、この量が多くなってしまう事は、健康的な毎日を送るという点から考えてもあまり良い状態ではありません。こうした血液中にある脂質が多くなってしまう状態の事を脂質異常症と呼びます。


以前は高脂血症と言う風に呼ばれていましたが、現在はこのように呼ばれる様になっています。簡単に言えば血液が脂肪によってドロドロしている状態になってしまうという事で、うまく血液が流れなくなってしまって動脈硬化の原因となる場合もある為、血液検査で異常が発覚した場合は、なるべく早い段階で治療を始める事が重要です。


脂質異常症はその症状が出てから対処する事もできますが、やはり症状が出る前に予防するという事も必要です。その方法の一つが食生活です。


日本人の食生活が欧米化が進み、高カロリー、高脂肪の食事となっている場合も少なくありません。しかし実際にはこうした食事を続けていると脂質が過剰な状態になってしまうので、十分気を付ける必要があります。なるべく脂質異常症を予防するという点から考えると、野菜を多く摂取する事はとても重要です。


特に根菜類等は体内にある余分な物を排出する働きも期待できるだけでなく、胃腸の働きを活発化させる事が出来る物もあるので、出来るだけ摂取を心掛ける必要があります。


また、背中の青い魚を摂取する事も重要です。青背の魚にはDHAやEPAと言った物は豊富に含まれています。これらはドロドロの血液をサラサラにする効果が期待できるものなので、なるべく摂取を心掛ける方が良いでしょう。


味付け自体は薄味で、さらに調理をする時は余計な油を取り除く様にして蒸したりする調理法を選ぶほうがより効率的です。食事と言ってもそれ程細かな制限が付くわけではないので、脂質異常症にならない為にもなるべくさっぱりとしたものを摂取すると良いでしょう。