健康の知識

たかが高血圧とあなどってはいけない理由とは?


高血圧は血圧が常時、高い状態の病気です。これだけを聞くと、それが体にどのように悪いことなのかわからない、という方もいるかもしれません。しかし高血圧は、それ自体も恐ろしい病気なのですが、それ以上に症状が進行すると様々な合併症を引き起こすリスクファクターにもなると言う点でも、非常に恐ろしく厄介な病気です。


ですから、たかが高血圧とあなどらず、早期の段階で治療を開始することが重要です。では、この状態を放置しておくとどのような合併症が引き起こされ得るかと言うと、まず心臓病です。血圧とは、心臓が全身に血液を送り出す際に発生している圧のことです。高血圧は、この圧が高い状態にあるわけですから、当然、心臓に対する負担もかかりやすくなります。


それが原因で、心臓病が発生しやすくなると言うわけです。心筋が厚くなる心筋症、それを原因とする心臓機能の著しい低下である心不全、また動脈硬化による狭心症や心筋梗塞などが挙げられます。動脈硬化とは、血管に脂肪やコレステロールなどがたまることで、血管の柔軟性が失われ、詰まったり、硬くなりやすくなる状態です。


これもまた、高血圧によって引き起こされやすくなる状態のひとつです。それから脳血管疾患です。脳の血管が詰まってしまう脳梗塞、脳の血管が切れてしまい、脳内で出血が発生する脳出血やクモ膜下出血などが該当します。高血圧が進行し、それと共に動脈硬化も進行すると、心臓、脳の血管に対する疾患が出やすくなります。そして腎臓病です。高血圧になると、血中の水分と塩分のバランスが崩れやすくなります。


そのため、それを調節している腎臓に負担がかかりやすくなります。腎臓からは血圧を下げるホルモンが分泌されているのですが、腎機能が低下すると、この分泌量は低下します。その結果、腎機能の低下と高血圧の進行がダブルで進行しやすくなります。腎臓病は、腎不全にまで進行すると人工透析が必要になる病気です。これ以外では、同じ生活習慣病でもある糖尿病との因果関係も指摘されています。