肝臓の知識

肝機能障害の原因は?症状についても


肝機能障害は名称からもわかるように、何らかの原因によって肝臓が正常に機能するのに障害が生じるようになることを指します。肝臓はしばしば沈黙の臓器といわれており、肝機能に障害があらわれても自覚症状がほとんどあらわれないまま進行していき、症状を自覚するようになった頃には治療が難しくなるほどに重症化しているケースが多いです。


全身にだるさを感じたり、微熱が長い間続いたり、黄疸や腹水がみられるようになっている場合は、肝機能障害が進行している可能性が高いので、すぐに病院で医師の診察を受けましょう。


肝機能障害の初期段階は、脂肪肝です。これは、肝臓にたくさんの脂肪が処理しきれずに溜まったままの状態になる疾病で、食べ過ぎや飲み過ぎが日常化している人や太りすぎている人は、この疾病にかかりやすいので注意が必要です。


脂肪肝を放置すると、お酒の飲み過ぎで脂肪肝になった場合はアルコール性肝炎を、それ以外の原因で脂肪肝になった場合は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を発症します。どちらも治療では薬物療法が用いられるほか、アルコール性肝炎については一定期間の禁酒を、NASHについては運動療法や食生活の見直しも並行して行われることが多いです。また、肝炎にはこの他にも、肝炎ウイルスに感染することで発症するウイルス性肝炎があります。


肝炎の症状が進行すると、やがて肝硬変に至ります。これは、肝細胞が死滅や減少を繰り返し、線維化が進むことで、肝臓が硬く変化していく病気です。この状態に至ると、ごく一部のケースを除いて肝移植を受けなければ肝機能が正常に回復することは無くなり、肝硬変の症状が進行すると、肝性脳症が起きたり、肝不全や肝細胞がんを併発するようになります。肝細胞がんはウイルス性肝炎の患者に生じることが多く、特にB型肝炎やC型肝炎を患っている人は要注意です。


なお、肝機能障害は医薬品の副作用によっても起きることがあります。これはその医薬品の使用を取りやめることで改善することが多いですが、医薬品の中には単に服用をやめると危険な製品もあるため、医師に相談した上で使用を中止する必要があります。